読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジェネラスさんの投機生活Blog

兼業トレーダーの辞世の句。2017年1月から100万円で再スタート(メインはドル円)

為替手帳2017 使ってます

分析&雑談など

ネットで評価の高かった「為替手帳」を買ってみました。

 

面倒くさがりの私は手帳を1年しっかり使い切ったことがなく、それによって

いくら無駄にしてんだって話なのですが、今年こそはと思い、色々調べた上で

購入、早速先週から使っております。

 

見た目↓ ※色はブラックとイエローの2色有り、私はイエローを選択。

 

f:id:generous007:20170107213616j:plain

 

月単位と週単位のページ↓

 

 

f:id:generous007:20170107214010j:plain

f:id:generous007:20170107214057j:plain

 

ビジネス手帳みたいに1日単位のページはなく、↑の週単位の箇所に日々の記録を

していく形になっています。1日単位があってもページ数が増えてしまって携帯

することがしんどくなることを考えると、個人的にはこれで問題ないかと。何も

起きない日だって頻繁にありますからね。。

 

主要指標の発表時間(日本時間)が一目で分かるのは◎。

 

f:id:generous007:20170107214703j:plain

 

巻末のデータ類もそれなりに充実してます。

 

f:id:generous007:20170107214346j:plain

f:id:generous007:20170107214746j:plain

 

トレード用の手帳を使うのは始めてで、比較ができないのですが、全体的には

見やすく使いやすいし、持ち運びもしやすい(A5サイズ)、さすが売れている

だけあるなぁと思います。毎日使うことを前提としているわけで、シンプルな

ところが受けているのかなと。名前こそ「為替手帳」ですが、為替に特化して

いるわけでもなく、株や先物トレーダーも抵抗なく使えそうです。

 

気に入らない点としては、紙が思ってたよりも薄い!

 

貼り付けている画像でも裏のページが透けて見えてます。私は収支とその日に

起きた出来事などを記録する程度なので、まぁ許容範囲内ではあります。ただ

余白にゴリゴリと書き込んで色をつけて付箋をつけて・・というアグレッシブな

使い方をする人にはこの薄さは頼りないと思います。大型の書店に行くと店頭に

サンプルが置いてあったりしますので、事前に確認することをおススメします。

 

あと、マイナス点ではないですが、週単位のページの右側の余白が格子柄なのは

意味が分からなかったです(苦笑)。チャートを手書きする人などを想定して

いるのでしょうか。

 

長々と書きましたが、この手帳を1年間、継続して使っていけるように、取引の

方も引き続き頑張って行きたいと思います。